所有しているだけで税金が掛かる?トラクター所有者必見の税金解説 

公開日:2024/05/15 最終更新日:2024/05/20
トラクターにかかる税金

使わなくなったトラクターであっても所有しているだけで軽自動車税もしくは、固定資産税が発生するので手放した方がよいでしょう。トラクターは30年前の古い機種であっても買取してくれる業者があるので、一度査定してもらうことをおすすめします。そこで本記事では、トラクターの所有にかかる税金について解説します。

トラクター所有にかかる税金の種類

農機具の種別によって発生する税金はおもに2種類存在します。それぞれ解説します。

小型特殊自動車にかかる軽自動車税

トラクターを含めた、フォークリフト・コンバイン・田植え機などは軽自動車税の対象です。市町村によって税額が異なりますが、農耕用のトラクターであれば年間2,000円ほどでしょう。

軽自動車税は4月1日時点でトラクターを所有している場合に発生し、年度途中で廃車することになっても税金の免除や減額はありません。また買換えや廃車する際にはナンバープレートの返却が必要となります。

大型特殊自動車にかかる固定資産税

トラクターや田植え機などの小型特殊自動車以外のものはすべて大型特殊自動車に分類されます。基本的には、車両寸法や最高速度によって小型特殊自動車または、大型特殊自動車に分けられます。大型特殊自動車には地方税法で定められた固定資産税の支払い義務があるので覚えておきましょう。

節税対策として知っておきたいポイント

トラクターなどの農機具を購入した際には経費にすることで節税に繋がります。燃料費・電気代・ガス代・水道代は「動力光熱費」として経費にできます。しかし、プライベートで使ったものは経費にできないため、事業用として明確に分けたうえでの算出が必要です。

またトラクターにかかる自動車税や車両の購入代、車検にかかった費用は「租税公課」として経費になります。経費計上する根拠として領収書などは大切に保管するようにしてください。

売却するなら、買取業者への依頼がおすすめ

トラクターは所有しているだけで税金がかかるので、使わないのであれば買取業者に売却するのもひとつの方法です。買取業者に依頼するメリットを紹介します。

無料査定サービスがある

買取業者にトラクターを売ろうか迷っている人は、まずは査定サービスを利用するとよいでしょう。買取業者のホームページや電話、LINEから査定申し込みができ、トラクターの型番や画像を送ることで見積り額を算出してくれます。

無料で査定してくれるうえに、24時間受付しているので気軽に利用できるでしょう。査定額を確認したうえでトラクターを売却するか検討してください。

農機具の整備士・専門家が在籍している

農機具の整備士・専門家が在籍しているので正確な買取査定が可能です。農機具のことを熟知しており、ノウハウを持ったうえで専門スタッフが査定してくれるので安心です。必要であれば査定内容の内訳も詳細に説明してくれるため納得感があるでしょう。

買取対象の農機具が豊富

買取業者の中には、農機具の全機種・全メーカーを買取している業者もあるので査定対象が幅広いです。トラクター以外にも、コンバインや耕運機などを買取してくれ、メーカーであればヤンマー・クボタ・三菱・イセキなどが対象となります。

買取対象が幅広いため、倉庫の中に使わなくなった農機具が何台もあるのであれば、まとめて買取依頼するとよいでしょう。

高価買取が期待できる

買取した農機具を実店舗で再販するだけでなく、複数の販路を設けているため高価買取が実現できます。販路が少ないと在庫を抱えるリスクを伴うため高く買取することが難しいです。しかし、農機具買取業者の中には実店舗に加え、海外への輸出やオークションでの販売ができるため買取金額が上がりやすいです。

また実店舗販売を無くすことで、人件費やテナント代などのコストを抑え、その分の費用をお客さんの買取金額に反映させている業者もあります。

さらに、自社で農機具をメンテナンスするスキルを持ちあわせているので、30年前の農機具や故障して動かなくなったものでも修理して再販できるため、高価買取が実現できる仕組みが構築されています。

出張買取してくれる

農機具買取業者の中には全国どこでも出張買取してくれる業者があります。実店舗まで訪れる時間がなかったり、農機具が故障して動かなくなったりしていることもあるため現地まで駆けつけてくれるのは非常に便利です。

出張買取を希望する場合は電話やホームページの買取フォームから依頼できます。その後は、業者のスタッフと訪問日時を決める流れになります。専門知識を持ったスタッフが農機具の保管先まで訪れ、一点ずつ丁寧に査定してくれるため気兼ねなく依頼できるでしょう。

まとめ

本記事では、トラクターの所有にかかる税金について解説してきました。農機具を所有しているだけで軽自動車税もしくは、固定資産税がかかります。軽自動車税であれば、年間で2,000円ほどかかるのでトラクターを利用しないのであれば手放した方がよいでしょう。たとえ故障しているトラクターであっても農機具買取業者であれば快く買取してくれます。農機具買取業者は実店舗に加え、海外への輸出やオークションでの販売ができるため高価買取が期待できます。電話一本で無料査定できるので気軽に利用してみるとよいでしょう。

高価格買取ならここがおすすめ!

農機具ひろば

農機具ひろばのPR画像 引用元:https://noukigu-hiroba.co.jp/

農機具ひろばは、2003年から20年以上にわたり、農機具買取を専門に行う信頼できる業者です。20年間で累計7万件以上の買取実績を持ち、即日現金買取が可能です。また、海外直接販路を持つことにより中間コストを省略し、圧倒的な高価買取を提供しています。LINEや公式サイトから手軽に査定依頼ができ、トラクターから育苗器まで多様な機種の買取に対応。農機具の売却をお考えの方は、高値で安心して売却できる農機具ひろばを検討してみてはいかがでしょうか?

PR不要農機具廃棄の最適解!買取価格も納得の業者はこちら
Recommend Table

おすすめの農機具買取業者比較表

イメージ引用元:https://noukigu-hiroba.co.jp/引用元:https://noukiguou.com/引用元:https://www.noukigu-pleasure.com/引用元:https://aomori.noukasan-mikata.com/引用元:https://www.noukigu-takakuureru.com/引用元:https://www.agri-ya.jp/引用元:https://noukigu-kaitori.jp/
会社名農機具ひろば農機具王農機具買取プレジャー農家さんの味方農機具高く売れるドット コム農機具ランドあぐり家農機具でっく
高額買取が得意記載なし記載なし
即日現金買取可能記載なし記載なし
無料出張査定出張査定なし
WEB査定結果承諾後、現物確認のため訪問
査定の方法電話/LINE/WEBページ電話/LINE/WEBページ電話/WEBページ現地/LINE電話/WEBページ電話/WEBページ電話/LINE/WEBページ
対応地域秋田県/山形県/岩手県/宮城県/福島県/群馬県/埼玉県/栃木県/東京都/千葉県/神奈川県/茨城県/長野県/福岡県/佐賀県/宮崎県/熊本県/鹿児島県/佐賀県/大分県/長崎県全国(北海道、沖縄、離島を除く)北海道/青森県/岩手県/宮城県/山形県/福島県/新潟県/富山県/石川県/埼玉県/栃木県/岐阜県/三重県/滋賀県/兵庫県青森県全域全国(北海道の一部地域および沖縄・離島は除く)高知県/香川県/徳島県/岡山県/広島県/島根県/佐賀県/鳥取県/京都府全国(北海道、沖縄、離島除く)
会社概要有限会社マシーンコーポレーション
本社:宮城県仙台市若林区荒浜字中堀南201-3
株式会社リンク
本社:滋賀県近江八幡市出町652
株式会社rock
滋賀県近江八幡市千僧供町591-3
株式会社ハーフプライス
〒034-0002 青森県十和田市元町西3丁目3-52
株式会社マーケットエンタープライズ
本社:東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル3F、5F
株式会社あぐり家
本店:高知県高知市介良甲994-1
株式会社KTMホールディングス
本社:三重県松阪市中央町564
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら