日本で人気の農機具メーカーまとめ・買取情報も!

公開日:2024/04/16
メーカー

農機具を購入したいけれど、日本で人気のメーカーが分からないとお悩みではありませんか。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、日本で人気がある農機具メーカーのまとめや買取情報を紹介します。この記事を最後までお読みいただき、自分のニーズに合った農機具メーカーの製品購入にお役立てください。

日本でトップの農機具メーカーにはどんなものがある?

日本で活躍する農機具メーカーは多数存在します。そこでここでは、日本を代表する農機具メーカーをいくつか紹介します。

クボタ

クボタは国内シェア・売上高どちらもトップの農機具メーカーです。売上の約7割を海外が占め、国内外問わず高い支持を受け、120カ国以上に事業を展開しています。

特に、クボタ製トラクターの人気は非常に高く、現行モデルは高値で取引されています。また、現行モデルだけでなく、20年以上の古いモデルでも現役で稼働できる性能を持っているため、中古市場でも程度のよいものはすぐに売れてしまう状況です。

ヤンマー

ヤンマーは国内シェア・売上高どちらも第2位の農機具メーカーです。ヤンマー製品は故障が少ないことを売りにしています。ヤンマーのトラクターや除雪機、耕運機や田植え機は耐久性があり高値で取引されています。

特に、ディーゼルエンジンには定評があり、ディーゼルタイプのトラクターや耕運機は中古市場でもすぐに売れてしまうほどです。

イセキ

イセキは国内シェア第3位の農機具メーカーです。イセキは田植え機やコンバインを主力としています。特に、トラクターやコンバイン、耕運機や田植え機などは高値で取引されています。

イセキ製品のは比較的低価格に設定され、メンテナンス性も高いことが特徴です。そのため、中古市場でも安定したニーズがあり人気を得ています。

三菱

三菱は国内シェア第4位の農機具メーカーです。特に、トラクターや小型の耕運機・管理機は高値で取引されています。2000年以降の三菱製農機具は、安全性や耐久性に定評があり、小型の耕運機や管理機は中古市場でも人気の高い製品です。

コマツ

コマツは、ブルドーザーの開発からスタートした農機具メーカーです。コマツのフォークリフトやミニユンボは人気が高く高値で取引されています。

コマツの農機具は他メーカーから比べると中古市場に出回らない傾向にありますが、フォークリフトやミニユンボは近年において需要の高まりから、高値で買取される傾向にあります。

農機具の買取市場で知っておくべきこと

農機具の買取市場では、持ち主の事前準備が買取価格を大きく左右します。ここでは、農機具の買取市場で知っておくべきことを紹介します。

査定前には清掃が必須

農機具は汚れていて当たり前ですが、買取査定の前には見た目を綺麗に保っておくことが重要です。買取業者も買取から販売までの過程で清掃やメンテナンスを施します。

この作業だけでも人件費がかかるため、あらかじめ清掃されていると人件費が浮き、高額買取できると判断する可能性が高まります。

動作チェックできる環境を整えておく

農機具の買取市場では出張査定が主流となっています。そのため、訪問先での確実な動作チェックが必要です。

しかし、買取対象の農機具が倉庫に入ったままで動作チェックができない状況だと、見た目だけで査定することになり正確な査定価格を出すことが困難になります。そうならないためにも、査定前には農機具を広い場所に移動しておくことがおすすめです。

必要書類をそろえておく

農機具の買取は法律に基づいておこなわれるため、必要書類が1枚欠けているだけでも買取できないケースが発生します。

初回の査定では買取できず、後日改めて書類をそろえて査定を受けても、初回の提示価格では買取できない場合もあります。そのため、必要書類に不備がないよう事前の準備を怠らないようにしましょう。

買取を成功させるためのポイント

買取を成功に導くためには、事前にいくつかのポイントを押さえておくことが重要です。ここでは、買取を成功させるためのポイントを紹介します。

日ごろから程度を気にしておく

農機具を高く売りたいのであれば、日ごろから農機具の程度に注意を払っておくことが重要です。買取業者の査定では、農機具の程度が買取価格を大きく左右します。

泥や土で汚れていたり、キズが多かったりすれば、買取価格は減額される可能性があります。そのため、査定前には農機具を綺麗に保つことがおすすめです。

需要の高い時期を狙う

農機具にはそれぞれ需要の高まる時期が存在します。需要の高い時期は買取価格が高く、他の時期よりも高額買取となる可能性が高い傾向です。

田植え機であれば田植え季節前の春先、コンバインであれば収穫の秋前にそれぞれ需要が高まります。農機具の高額買取を狙うのであれば、需要にタイミングを合わせることが重要です。

買取を強化している業者に売却する

買取業者では、特定の農機具に特化して買取を強化しているケースが見られます。

トラクターの買取を強化、コンバインの買取を強化、あるいは特定のメーカーの買取を強化など、買取業者ごとに買取を強化する農機具が異なります。そのため、売却したい農機具を買取強化中の業者をよく調べ、高額買取を狙うのがおすすめです。

まとめ

今回は日本で人気の農機具メーカーや買取情報について解説しました。日本で人気の農機具メーカーは多岐にわたりますが、トップブランドにはクボタやヤンマー、イセキや三菱、コマツなどがあります。これらのメーカーは高品質な農機具を提供し、農業現場で広く愛用されています。また、農機具の買取市場では、業者の信頼性や査定方法、買取価格などを注意深くチェックすることが重要です。買取を成功させるためには、事前に農機具の程度をチェックし、必要な書類などを準備しておくことが大切です。さらに、複数の買取業者から査定を受けることで、最適な条件で取引を進められます。これらのポイントを押さえて、満足のいく農機具の買取を実現しましょう。農機具メーカー選びや農機具買取でお困りであれば、ぜひこの記事内の内容を参考にしてください。

高価格買取ならここがおすすめ!

農機具ひろば

農機具ひろばのPR画像 引用元:https://noukigu-hiroba.co.jp/

農機具ひろばは、2003年から20年以上にわたり、農機具買取を専門に行う信頼できる業者です。20年間で累計7万件以上の買取実績を持ち、即日現金買取が可能です。また、海外直接販路を持つことにより中間コストを省略し、圧倒的な高価買取を提供しています。LINEや公式サイトから手軽に査定依頼ができ、トラクターから育苗器まで多様な機種の買取に対応。農機具の売却をお考えの方は、高値で安心して売却できる農機具ひろばを検討してみてはいかがでしょうか?

PR不要農機具廃棄の最適解!買取価格も納得の業者はこちら
Recommend Table

おすすめの農機具買取業者比較表

イメージ引用元:https://noukigu-hiroba.co.jp/引用元:https://noukiguou.com/引用元:https://www.noukigu-pleasure.com/引用元:https://aomori.noukasan-mikata.com/引用元:https://www.noukigu-takakuureru.com/引用元:https://www.agri-ya.jp/引用元:https://noukigu-kaitori.jp/
会社名農機具ひろば農機具王農機具買取プレジャー農家さんの味方農機具高く売れるドット コム農機具ランドあぐり家農機具でっく
高額買取が得意記載なし記載なし
即日現金買取可能記載なし記載なし
無料出張査定出張査定なし
WEB査定結果承諾後、現物確認のため訪問
査定の方法電話/LINE/WEBページ電話/LINE/WEBページ電話/WEBページ現地/LINE電話/WEBページ電話/WEBページ電話/LINE/WEBページ
対応地域秋田県/山形県/岩手県/宮城県/福島県/群馬県/埼玉県/栃木県/東京都/千葉県/神奈川県/茨城県/長野県/福岡県/佐賀県/宮崎県/熊本県/鹿児島県/佐賀県/大分県/長崎県全国(北海道、沖縄、離島を除く)北海道/青森県/岩手県/宮城県/山形県/福島県/新潟県/富山県/石川県/埼玉県/栃木県/岐阜県/三重県/滋賀県/兵庫県青森県全域全国(北海道の一部地域および沖縄・離島は除く)高知県/香川県/徳島県/岡山県/広島県/島根県/佐賀県/鳥取県/京都府全国(北海道、沖縄、離島除く)
会社概要有限会社マシーンコーポレーション
本社:宮城県仙台市若林区荒浜字中堀南201-3
株式会社リンク
本社:滋賀県近江八幡市出町652
株式会社rock
滋賀県近江八幡市千僧供町591-3
株式会社ハーフプライス
〒034-0002 青森県十和田市元町西3丁目3-52
株式会社マーケットエンタープライズ
本社:東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル3F、5F
株式会社あぐり家
本店:高知県高知市介良甲994-1
株式会社KTMホールディングス
本社:三重県松阪市中央町564
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら