処分にお困りの方必読!『農機具の下取り業者』など処分方法をご紹介

公開日:2024/04/16 最終更新日:2024/04/17
下取り業者

農機具を処分したいけれど、処分方法が分からないとお悩みではありませんか。買い替えや離農する際に農機具の処分にお困りの方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、そんなお悩みを払拭すべく、農機具下取り業者などの処分方法を紹介します。この記事で有効に農機具を処分する方法をお知りいただき、ぜひ参考にしてください。

農機具の処分方法にはどんなものがある?

農機具の処分にはいくつかの方法があります。ここでは、大きく分けて4つに分類される農機具の処分方法を紹介します。

買取業者を利用する

買取業者の中には農機具を買取している業者が多数存在します。万が一、買取価格がつかない場合でも無料で引取りしてくれる業者もいるため、まずは相談してみるのがおすすめです。

高く査定してもらうために、綺麗に掃除したり、整備記録などメンテナンスを証明できるものを用意したり、コンパウンドなどで消せる細かいキズを消しておいたりと、良質な農機具だと判断してもらう準備が必要になります。

下取りに出す

新しい農機具を購入する際に古い農機具を下取りに出すことは、農機具を処分するメジャーな方法の1つです。購入と同時に不要な農機具を処分できるため、手間や時間が省略できます。下取りは、搬出費を負担してもらえたり、売却の手間もなかったりするため、スムーズに処分したい方にはおすすめの方法です。

廃棄する

離農を理由に農機具を処分する場合には、あらかじめ処分方法を知っておく必要があります。農機具は「適正処理困難物」に該当するため、自治体がおこなう粗大ごみ回収に出すことはできません

離農における処分の選択肢は、処分専門の業者に依頼する、買取業者に買取を依頼するなどが挙げられます。古い農機具であっても査定価格がつく場合もあるため、まずは買取業者に相談するのがおすすめです。

自分で売却する

ネットオークションなどを利用して、自分で売却するのも不要な農機具を処分する方法の1つです。オークションサイトには多くの農機具が出品されています。購入されたら自分で発送手配しなければならないことが手間ではありますが、必要な人に使ってもらえるのであれば、良い方法だといえるでしょう。

農機具を下取りに出すメリットとデメリット

購入と同時に古い農機具を下取りに出すのは手っ取り早い方法ですが、そこにはメリットとデメリットが存在します。ここでは、下取りに出すメリットとデメリットを解説します。

メリット

農機具を下取りに出すメリットは、農機具メーカーや販売代理店に連絡すれば、査定や搬出をすぐにおこなってくれることです。下取りは不要な農機具をスムーズに売却できるため、手間や時間がかからなくおすすめの方法です。

デメリット

農機具を下取りに出すデメリットは、下取りの際はライバルがいないため、下取り価格が低くなる可能性もあることです。下取りするメーカーや代理店は地元密着型で販売網が狭く、中古販売のエリアが限られるため、需要と供給のバランスから下取り価格を低めにする傾向があります。

買取業者を利用する際のポイント

農機具の買取をおこなっている業者は複数存在しているため、依頼する際には比較するポイントを押さえておくことが重要です。ここでは、買取業者を利用する際のポイントを解説します。

買取業者選定のポイント

買取業者を選ぶ際には「出張査定」と「簡単無料査定」をおこなっている業者を選ぶことがおすすめです。農機具は大型のものであるため、出張料や手数料を無料としている「出張査定」があると持ち込みの手間や労力が省けます。

また、電話やネットで必要事項を入力して依頼できる「簡単無料査定」があると、事前におおよその価格が把握できるため安心です。

高く買取してもらうコツ

少しでも高く買い取ってもらうためには、いくつかの事前準備が必要です。

やるべきことは、綺麗に掃除しておく・メンテナンスを証明できる書類を用意しておく・エンジンオイルやバッテリー液を補充しエンジンのかかり具合を最適にしておく・消せるキズはコンパウンドで消しておくなどが挙げられます。

これらをするかしないかで査定額は大きく変わりますので、事前準備を怠らないことが重要です。

買取専門業者を選ぶ

買取を専門としている業者には、販路を広く確保している業者もあり、そういった業者では買取価格が高額になりやすい傾向にあります。販路を国内のみならず、海外にも持っている業者であれば、高額査定を得られる可能性は高まります。

日本製の農機具は高性能で壊れにくく、東南アジアなどの海外でたいへん人気です。買取業者を選ぶ際には、規模の大きさも考慮することがおすすめです。

まとめ

今回は処分にお困りの方向けに農機具の処分方法をご紹介しました。農機具の処分方法は、買取業者や下取り、廃棄や自分で売却などさまざまですが、適切な方法を選ぶことが重要です。処分にお困りの方は、まず買取業者を利用することで、高額査定が得られる場合があります。その際には、信頼性や査定額の比較などをおこない最適な業者を選ぶことがポイントです。また、売却や処分の際には、農機具の状態や需要の高さなどを考慮し、より効率的な方法を選択することが重要です。これらのポイントを踏まえて、適切な処分方法を選ぶことで、スムーズに農機具を処分できます。農機具の処分でお困りであれば、ぜひこの記事にある方法を検討してみてください。

高価格買取ならここがおすすめ!

農機具ひろば

農機具ひろばのPR画像 引用元:https://noukigu-hiroba.co.jp/

農機具ひろばは、2003年から20年以上にわたり、農機具買取を専門に行う信頼できる業者です。20年間で累計7万件以上の買取実績を持ち、即日現金買取が可能です。また、海外直接販路を持つことにより中間コストを省略し、圧倒的な高価買取を提供しています。LINEや公式サイトから手軽に査定依頼ができ、トラクターから育苗器まで多様な機種の買取に対応。農機具の売却をお考えの方は、高値で安心して売却できる農機具ひろばを検討してみてはいかがでしょうか?

PR不要農機具廃棄の最適解!買取価格も納得の業者はこちら
Recommend Table

おすすめの農機具買取業者比較表

イメージ引用元:https://noukigu-hiroba.co.jp/引用元:https://noukiguou.com/引用元:https://www.noukigu-pleasure.com/引用元:https://aomori.noukasan-mikata.com/引用元:https://www.noukigu-takakuureru.com/引用元:https://www.agri-ya.jp/引用元:https://noukigu-kaitori.jp/
会社名農機具ひろば農機具王農機具買取プレジャー農家さんの味方農機具高く売れるドット コム農機具ランドあぐり家農機具でっく
高額買取が得意記載なし記載なし
即日現金買取可能記載なし記載なし
無料出張査定出張査定なし
WEB査定結果承諾後、現物確認のため訪問
査定の方法電話/LINE/WEBページ電話/LINE/WEBページ電話/WEBページ現地/LINE電話/WEBページ電話/WEBページ電話/LINE/WEBページ
対応地域秋田県/山形県/岩手県/宮城県/福島県/群馬県/埼玉県/栃木県/東京都/千葉県/神奈川県/茨城県/長野県/福岡県/佐賀県/宮崎県/熊本県/鹿児島県/佐賀県/大分県/長崎県全国(北海道、沖縄、離島を除く)北海道/青森県/岩手県/宮城県/山形県/福島県/新潟県/富山県/石川県/埼玉県/栃木県/岐阜県/三重県/滋賀県/兵庫県青森県全域全国(北海道の一部地域および沖縄・離島は除く)高知県/香川県/徳島県/岡山県/広島県/島根県/佐賀県/鳥取県/京都府全国(北海道、沖縄、離島除く)
会社概要有限会社マシーンコーポレーション
本社:宮城県仙台市若林区荒浜字中堀南201-3
株式会社リンク
本社:滋賀県近江八幡市出町652
株式会社rock
滋賀県近江八幡市千僧供町591-3
株式会社ハーフプライス
〒034-0002 青森県十和田市元町西3丁目3-52
株式会社マーケットエンタープライズ
本社:東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル3F、5F
株式会社あぐり家
本店:高知県高知市介良甲994-1
株式会社KTMホールディングス
本社:三重県松阪市中央町564
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら