最適なタイミングを逃さない!トラクター買い替え時期の見極め方

公開日:2024/04/16
タイミング

トラクターの買い替えを考えているけれど、最適な買い替えの時期が分からないとお悩みではありませんか。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、トラクター買い替え時期の見極め方を解説します。トラクターの買い替えを検討している方はぜひ最後までお読みいただき今後にご活用ください。

トラクターの買い替えを考えるべき瞬間

ある程度古くなったらトラクターの買い替え時ですが、具体的にはどのようなタイミングで買い替えをおこなうべきなのでしょうか。ここでは、トラクターの買い替えを考えるべき瞬間について解説します。

具体的な不具合が発生している

以前に比べて明らかに動作が遅い、エンジンがかかりにくくなったなどの不具合が発生しているのであれば、買い替えを考えるタイミングです。不具合がありながらそのまま使い続けていると、ある日突然動かなくなってしまいます。

農家にとってトラクターは必要不可欠なので、使えなければ大問題です。農業は作物を育てるタイミングが重要な仕事です。トラクターが動かなくなったら育成のタイミングを逃してしまいます。動かなくなる前に買い替えの検討が必要です。

異音がする

トラクターを動かしている時に以前はなかった異音がするのであれば、買い替えを考えるタイミングです。特にいつもと違う機械音には要注意です。

機械音ということは、重要な箇所に異常のある可能性が高く、いつエンジンが止まってもおかしくありません。特に、エンジンやその付近から異音がする場合には、早急に買い替えを検討すべきといえます。

タイヤ交換の時期が来ている

高速で走るわけでもないのに、トラクターのタイヤが摩耗しているのであれば長く使ってきた証となります。明らかにタイヤ交換が必要な状態であれば、買い替えを考えるべきタイミングです。

タイヤ交換をおこなえば問題は一時的に解決するかもしれませんが、タイヤが摩耗するほど長く使ってきた証といえるため、買い替えを検討したほうが無難といえるでしょう。

稼働時間が1,000時間を超えている

トラクターには、稼働時間を示すアワーメーターが付いています。アワーメーターは車の走行距離と同様に買い替えの目安に使われます。アワーメーターが1,000時間を超えていたら買い替えを検討すべきです。

走行距離10万㎞の車と同じように、アワーメーターが1,000時間を超えたトラクターは、故障が目立つようになってくるため、買い替えを考えるタイミングといえます。

買い替えの最適なタイミングを見極めるポイント

トラクターの買い替えにはお得になる時期やタイミングが存在します。ここでは、買い替えの最適なタイミングを見極めるポイントについて解説します。

思い立ったら早めに買い替えする

思い立ったら早めに買い替えするのが最良のタイミングだといえます。どんなものでも古くなればなるほど価値は下がり、新しいものほど価値が高く高値で売却可能です。

7年以上使っているトラクターと2~3年しか使っていないトラクターであれば、後者のほうが高く売れるのは言うまでもありません。そのため、買い替えを考えるのであれば、できる限り早めに売却することが大切です。

需要の高い時期に買い替えする

トラクターには需要の高い時期が存在します。需要の高い時期には買取金額が高くなるため、買い替えがお得にできる可能性は高くなります。

トラクターは1年を通して需要がある農機具ですが、使用頻度の高くなる「春」「秋」の前にある季節、つまり「冬」や「夏」の後半に買い替えを意識すると、下取りや買取の価格が高く最適なタイミングでの買い替えと言えるでしょう。

経過年数で見極める

トラクターは年式の古さに対して許容される傾向があり、20年以上前のものでも程度によっては売却することが可能です。ただ実際には、20年を超えるトラクターの場合、ちょっとした故障で完全に動かなくなる可能性が高いといえます。

そのため、特に減価償却できる7年を超えたトラクターを所有している場合には、買い替えを検討したほうが無難と言えるでしょう。「ギリギリまで古くなってから売る」ではある日突然動かなくなるリスクが高いため、年数がそれなりに経ったトラクターは早めに買い替えすべきタイミングだと判断できます。

買い替え後のトラクター選びのコツ

車もトラクターも長持ちするに越したことはありません。そこでここでは、買い替えするトラクター選びのコツを紹介します。

馬力

トラクターは、馬力が大きいほど大きな作業機を取り付けすることが可能です。小さな畑では20馬力程度のトラクターで十分ですが、大規模農場であれば100馬力以上のトラクターが必要になります。そのため、トラクターを選ぶ際には作業条件を考慮し、必要な馬力が出るトラクターを選ぶことが重要です。

燃費

トラクターは大量の燃料を消費するため、トラクターを選ぶ際には燃費を考慮することが重要です。燃費のよいトラクターであれば、経費が大幅に削減できます。

燃費を左右するのは、馬力・重量・作業機の大きさなどです。これらの要素を考慮したうえで、トラクターを比較検討する必要があります。燃費はメーカーが公表する燃費値を参考にすることをおすすめします。

メンテナンス性の高さ

長くトラクターを使うためには、メンテナンス性の高いトラクターを選ぶことが重要です。メンテナンス性は、交換部品の入手性・故障時のサポート・マニュアルの充実度・純正部品の品質などで決まります

トラクターを選ぶ際には、部品の手に入りやすさやメーカーの対応、分かりやすい解説、純正部品の品質の高さを比較検討することが大切です。

まとめ

今回は最適なタイミングを逃さないトラクター買い替え時期の見極め方について解説しました。トラクターの買い替え時期を見極める際には、不具合や異音、稼働時間などから総合的に判断することが重要です。また、古くなったトラクターの性能低下や修理費用の増加、買取需要の高さなどを考慮し、買い替えのタイミングを判断します。買い替えの際には、自分のニーズや作業環境に適したトラクターを選ぶことが重要です。さらに、信頼できるメーカーや販売代理店を選び、専門家のアドバイスを活用することで、満足のいく買い替えが可能になります。トラクターの買い替え時期でお困りであれば、ぜひこの記事内の内容を参考にしてください。

高価格買取ならここがおすすめ!

農機具ひろば

農機具ひろばのPR画像 引用元:https://noukigu-hiroba.co.jp/

農機具ひろばは、2003年から20年以上にわたり、農機具買取を専門に行う信頼できる業者です。20年間で累計7万件以上の買取実績を持ち、即日現金買取が可能です。また、海外直接販路を持つことにより中間コストを省略し、圧倒的な高価買取を提供しています。LINEや公式サイトから手軽に査定依頼ができ、トラクターから育苗器まで多様な機種の買取に対応。農機具の売却をお考えの方は、高値で安心して売却できる農機具ひろばを検討してみてはいかがでしょうか?

PR不要農機具廃棄の最適解!買取価格も納得の業者はこちら
Recommend Table

おすすめの農機具買取業者比較表

イメージ引用元:https://noukigu-hiroba.co.jp/引用元:https://noukiguou.com/引用元:https://www.noukigu-pleasure.com/引用元:https://aomori.noukasan-mikata.com/引用元:https://www.noukigu-takakuureru.com/引用元:https://www.agri-ya.jp/引用元:https://noukigu-kaitori.jp/
会社名農機具ひろば農機具王農機具買取プレジャー農家さんの味方農機具高く売れるドット コム農機具ランドあぐり家農機具でっく
高額買取が得意記載なし記載なし
即日現金買取可能記載なし記載なし
無料出張査定出張査定なし
WEB査定結果承諾後、現物確認のため訪問
査定の方法電話/LINE/WEBページ電話/LINE/WEBページ電話/WEBページ現地/LINE電話/WEBページ電話/WEBページ電話/LINE/WEBページ
対応地域秋田県/山形県/岩手県/宮城県/福島県/群馬県/埼玉県/栃木県/東京都/千葉県/神奈川県/茨城県/長野県/福岡県/佐賀県/宮崎県/熊本県/鹿児島県/佐賀県/大分県/長崎県全国(北海道、沖縄、離島を除く)北海道/青森県/岩手県/宮城県/山形県/福島県/新潟県/富山県/石川県/埼玉県/栃木県/岐阜県/三重県/滋賀県/兵庫県青森県全域全国(北海道の一部地域および沖縄・離島は除く)高知県/香川県/徳島県/岡山県/広島県/島根県/佐賀県/鳥取県/京都府全国(北海道、沖縄、離島除く)
会社概要有限会社マシーンコーポレーション
本社:宮城県仙台市若林区荒浜字中堀南201-3
株式会社リンク
本社:滋賀県近江八幡市出町652
株式会社rock
滋賀県近江八幡市千僧供町591-3
株式会社ハーフプライス
〒034-0002 青森県十和田市元町西3丁目3-52
株式会社マーケットエンタープライズ
本社:東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル3F、5F
株式会社あぐり家
本店:高知県高知市介良甲994-1
株式会社KTMホールディングス
本社:三重県松阪市中央町564
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら